【深夜映画】一風変わった?映画ブログ【地上波】
地上波で深夜に放送される、微妙な位置づけの映画たち――そんな深夜映画の中から掘り出し物を探し出し、ご紹介するブログです。レビューと放送予定の映画を掲載しています。 



-->


Top | RSS | Admin
スポンサーサイト

【--/--/-- --:--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
------------------------------------------------------------
 スポンサー広告 | この記事のURL | Admin↑ | top↑
にほんブログ村 映画ブログへ
劇場版Zガンダム観てきました

【2006/03/13 16:03】

劇場版Zガンダム3部作、最後の「星の鼓動は愛」を観てきました。
一応これで全部なのでちょこっと書いちゃおうかなと思います。

ちなみに、「星を継ぐ者」「恋人たち」も映画館に足を運んでたりします。
わたくし立派なガンオタ、自分の周りにファースト信者がいないのがちょっと寂しい23歳であります。

なにはともあれジーク・ハマーン様!カツは(自主規制)!
 
  とりあえずポイントをいくつか。

1.全作通して、新規の作画は素晴らしい
2.賛否あるでしょうが、ストーリーの端折りはおおむね成功か
3.サラの声優さん…まぁいいか、だってサラだし
4.幕切れについて

1について。こりゃあ凄い。特にメカ。
やはりZと言えば変形なワケですが、もの凄い力の入れようです。
MA形体のバウンドドッグのスカートから頭部が見えたのには噴出しそうになりました。
パンチラならぬ頭チラ。なんともやらしいなこのわんこは。
それとこちら様に同意。
>この新作カットの絵で全編やってくれたら傑作だっただろうが、そんなコストをかけても興行収入は変わらないだろうとも思うので正しい判断かもしれない。ただ、アニメーターが好き勝手に新作カットをテキトーに付け足していったかのような印象を受けたので、例えばキャラクターのアップカットは必ず新作にするとか、統一した方針があればもう少しまとまりがあっただろうにと思う。

2について。終盤ざくざく削ってましたね。
ディジェが出てこないのは残念ですが、かといってやはり2度目のフォウはいらない。
それより、"戦争"としての全体像が解りにくくなっている点が気になります。
各陣営の動向・戦略を、ナレーションでも入れておけば親切だったんじゃないかなと思うんですが。

3。またまたサラ・ザビアロフの声優さんが代わりました。
経緯はこちら参照。オイオイ見てらんないじゃないの!(byスレッガー)

4。賛否両論のラストです。
個人的には健全でまぁ良かったんじゃんと思いますが(ネタバレかな)。
しかしエンディングテーマが…全く合ってない。どう考えてもTV版のあのアレンジで十分。



ところで、不肖・ファースト信者ぷちターボにはどうしても、変更して欲しかったシーンがありました。
それはウェーブライダー体当たりの直前、死んでいった者たちがZに集まるあのシーン。
私にはアレが、見ていて恥ずかしくてたまらないのです。
"ガンダム"は機械そのものでした。頭がもげて腕がもげて、捨てられます。
しかし"Zガンダム"は、最後に突然、機械以上の何かになってしまうのです。
その差異を、あの死者の魂?がZ及びカミーユに入っていくような演出で納得しろと言う。
それが私にはどーにも…富野監督はいつも無理難題を仰る。
スポンサーサイト
------------------------------------------------------------

テーマ=劇場版Zガンダム - ジャンル=映画

 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) | この記事のURL | Admin↑ | top↑
にほんブログ村 映画ブログへ
<<キャリー2(原題:The Rage: Carrie 2)―☆☆★★★ | Top | ヒューマン・ネイチュア(原題:Human nature)―☆☆☆★★>>
コメント
いい
【2008/10/19 21:53】 URL | いい [ 編集] | page top↑

============================================================

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://midnightmovie.blog27.fc2.com/tb.php/56-026f150a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。