【深夜映画】一風変わった?映画ブログ【地上波】
地上波で深夜に放送される、微妙な位置づけの映画たち――そんな深夜映画の中から掘り出し物を探し出し、ご紹介するブログです。レビューと放送予定の映画を掲載しています。 



-->


Top | RSS | Admin
スポンサーサイト

【--/--/-- --:--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
------------------------------------------------------------
 スポンサー広告 | この記事のURL | Admin↑ | top↑
にほんブログ村 映画ブログへ
天国から来た男たち―☆☆☆★★

【2005/10/30 21:53】

2001年(当ブログの最新記録か…?)日本。
10月29日、TV朝日にて放送。久しぶりにリアルタイム視聴しました。

 あらすじ・キャストなど

支離滅裂な箇所の目立つ作品だと思うのですが、舞台柄なのかなんなのか、どうでもよくなってきます
設定とかは(原作が実話を元にしているだけに)リアルそうな感じがあるのですが。
恐らくこれを観る方は、受け入れられる人と受け入れられない人に分かれるのではないかと思うのです。
逆を言えば、そういったパワーを持つ作品だと言う事もできましょうか。
 
  そんなわけで、突っつきようはいくらでもあるのですが、そんなことはアホらしいと思うのです。
受け入れようと受け入れまいと、この作品が正拳突きのように真直ぐ放つメッセージは、的確にオーディエンスの顔面を捉えるのであります。
その後どうするかは観た人次第だと思うんですね。そういった意味では爽快感があります。

それにしてもコレ、作品自体が醸し出す胡散臭さによって、舞台であるフィリピンそのものまで胡散臭く見えてきます
どうなんでしょう…あちらの方が見たら怒るんじゃないでしょうかね^^;
汚職看守とか詐欺師とか臓器の売人とか、本当にしょーもないヤツしか出てきませんから。
水橋研二さん演じるフィリピン太郎ってのも…いやいやいや。
だって外人にジョン・ジャパンとかいたらどうリアクション取りますか?私ならデコピンします。

俳優陣ですが、一押しは山崎努さん。主役を喰わずにいながら、この作品を象徴してると思うのです。
次点翁華栄さん。飄々とした感じと、腹に一物ある雰囲気がたまりません。
全体として脇が濃いです。吉川晃司さんのようなナイスガイでないと完全に喰われていたんじゃないでしょうか。
これらと比べると大塚寧々さんはイマイチかな…主人公とくっつく間の心情の変化とか曖昧なような。
余談ですが、看守・囚人などのエキストラは"本物"らしいです…なんだってー!?

◎私的見所案内―――
 トイレです。ええ、トイレ
 不覚にも、作中2度登場するトイレのシーンで噴き出しました。
 小学生か。ちくしょうやられた。
スポンサーサイト
------------------------------------------------------------

テーマ=邦画 - ジャンル=映画

 深夜な映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | この記事のURL | Admin↑ | top↑
にほんブログ村 映画ブログへ
<<チェイサー(原題:THE CHASER)―☆☆★★★ | Top | 11/1~22深夜映画情報>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://midnightmovie.blog27.fc2.com/tb.php/18-b381b7d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。